site map

デイユースホテル! > デイユースホテル 大阪 > ホテルモントレ グラスミア大阪 デイユースプラン

デイユースホテル 大阪

ホテルモントレ グラスミア大阪 デイユースプラン

難波で最新のホテルモントレグラスミア大阪のデイユースプランについて紹介します。

大阪では、東西南北の南方面の難波から心斎橋辺りの事を通称ミナミと呼び、大阪市北区の辺り梅田から淀屋橋までをキタと呼びます。面白いですよね。

そこで、このミナミの地難波にさっそうとその優雅な姿を見せるこのホテルモントレグラスミア大阪(Hotel Monterey Grasmere Osaka)にもデイユースプランが存在します。

さて、最近の難波近辺の都市開発は凄い勢いで進んでいます。
以前は、主に天王寺界隈の大阪市立大学医学部附属病院からJR天王寺駅から南側を中心にして大開発地域が話題に登りましたが、現在は意外と立ち退き問題などが影響しているのか尻すぼみ状態の様です。

そして、このホテルモントレグラスミア大阪は、北京オリンピックの翌年2009年7月27日に難波再開発地区である港町にオープンしました。
高級で高層ホテルでありながら、アクセスが最高に便利である立地である事、更に他の商業施設が集中している事、でもちょっと変った内容のホテルであるという事で大変話題になりました。

それは、地下2Fにはスーパーライフ、1Fと2Fには日用品販売の専門店のダイキ、3Fにはジュンク堂書店が入っていたりします。更に驚くのは、同ホテルのフロントは何と22Fにあり、4Fから21Fまでは分譲マンションとなっており、23Fから31Fまでが客室となっているんですよね。因みに、隣のOCATにはJRに高速バスに飲食店街まで入っていますし、数分地下道を歩けば、地下鉄四つ橋線と御堂筋線にほぼ直結しています。その客室数も何と348室もあります。どうです。凄い変っていて且つ便利でしょう。

ホテルの評判は、これはもう上々で流石に高級ホテルだけあって、特に、英国風内装の良さ、セキュリティ機能が高い、飛行機を利用するためのリムジンバスの乗り場に近い、フレンチのレストランが最高、とにかく難波から大阪湾にかけて夜景が素晴らしいと、かなり評価は高いですね。

さて、肝心のホテルモントレグラスミア大阪のデイユースプランなんですが、ちょっと注意点があります。

それは、季節に応じてこのプランを採用したりしなかったりするようです。更に、対応時間は、12:00〜16:00の間の4時間だけの利用になり駐車場は別料金になります。

同ホテルでの名称は【お昼寝】デイユースプランといい、http://www.hotelmonterey.co.jp/cgi-bin/portal/cms/stayplan.cgi?hid=mongro&code=173で詳細が確認出来ます。

そして、料金なんですが、シングル1名ダブル2名で6,000円からですが必ず予約が必要です。住所は、大阪市浪速区湊町1-2-3で、連絡先は、TEL 06-6645-7111です。

以上、地方から大阪ミナミへ、又関西近隣から難波近辺にお越しの方はお忘れなく。

<<ヒルトン大阪デイユース | デイユースホテル!トップへ | デイユースホテルの認知度と浸透具合>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。